High school question

高校入試に合格したいなら面接の質問を分析するべし

印象も重要

身だしなみを整える

女性

高校の推薦入試では面接に大きなウエイトがかかっています。
高校入試では一般入試でも簡単な面接がありますが、学力検査の方にウエイトはかかっているため、どちらかというと確認の意味が強いです。
大きな意味を持つのは推薦入試です。
高校入試の面接でよく聞かれる質問というのはある程度決まっています。
そのため、事前に質問への解答集を作って対策しておく人が大半です。
もちろんそれも非常に重要なのですが、実はそれ以上に重要なことがあります。
それは第一印象です。
高校入試では、身だしなみが整っていないけど素晴らしい答えをした生徒よりも、そこそこの答えで身だしなみが整っている生徒の方が合格率は高くなります。
中学生としてふさわしい清潔さと礼儀正しさ、明るさなどが備わっているかが重要です。
最低限身だしなみはきちっと整え、なるべく明るい表情ではきはきと答えるようにしましょう。
質問で最も多いのは志望動機です。
できたら、校風や部活など、地理的要因や学力の要因以外の魅力について述べるとよいでしょう。
具体的に述べるのもポイントで、学校見学のときの体験や先輩の話などを盛り込んで、自分にとっての魅力を伝えるのも重要です。
そのほかには、中学校時代に頑張ったことや、高校に入ったら頑張りたいこと、最近の時事についての質問などが多く聞かれます。
高校入試の面接に限らず、日頃から新聞をよんだり、自分の考えをまとめて話す練習をしたりしておくとよいでしょう。

対策している塾を選ぶ

婦人

高校入試のため、お子さんを進学塾に通わせている親御さんも多いことでしょう。
ご存知かもしれませんが、昔とは違い最近の高校入試では公立、私立を問わず学科試験だけではなく、面接も行うのが一般的になってきています。
内申や学科試験の方が重視される傾向にありますが、面接も合否には少なからず影響をおよぼすものです。
このため、高校入試では学業に励むだけではなく、面接の特訓もしっかりとしていかなくてはいけないでしょう。
現在進学塾では入試に対する対策以外にも、面接に対して対策をしているところも数多くあります。
高校入試の面接では面接シートを提出することになっており、このシートに記述した内容から生徒に質問をしていくという流れです。
このため、シートの書き方が最初の対策となり、進学塾ではまずシートの書き方の指導や添削から指導していきます。
さらに、実際の面接を模したシチュエーションで、生徒が書いた面接シートの内容から質問をしてその答えから課題を見つけて改善をしていきます。
くわえて、質問に対する答や入室・退出、挨拶、声量、話すスピード、目線等、礼儀作法についても指導することも忘れてはいません。
この指導を入試前に数度繰り返し、面接の質問に対してスムーズに答えられるように訓練をしていきます。
このような実際の訓練の場を事前に経験しておくことで緊張せずに本番に臨めるようになります。
お子さんを通わせる進学塾を選ぶときは、面接に対する指導の内容を見ておくといいでしょう。

ある程度想定しておく

女の人

都道府県や地域にもよりますが、高校入試で面接が課される学校は多くあります。
ただ、ほんの数分のやり取りだけで何を判断し、評価しているのでしょうか。
基本的にほとんどの学校では、高校入試における面接は、その受験生の人間性に問題がないかを見るものだと思えば良いでしょう。
その場に応じた立ち振る舞いができるか、きちんとコミュニケーションが取れるか、質問に対してきちんと受け答えができるか、などです。
ですから、質問に対して素晴らしい回答をしなければならないということではありませんし、学校側はそのようなことを期待してはいません。
学校や学習塾などで高校入試対策をし、その中で面接対策もして来ているわけですし、どの受験生に志望動機を質問しても、だいたい同じような答えが返ってくることも、学校側はわかっているのです。
そのため、素晴らしい回答をしようと一生懸命になるのではなく、ありのままの自分を面接官に見てもらえれば十分だという考えを持つことも大事です。
しかし、高校入試の面接では、志望動機や関心のあるニュースなどの定番の質問の他に、口頭での学力検査を行うところもあります。
つまり、面接の質問として学力を問う問題を出し、その質問にその場で解答するということを行う学校もあります。
また、レベルの高い国立・私立高校の入試では、質問内容が社会情勢や国際情勢などに直結するもので、「将来社会で活躍できる人材」を見極めるための位置付けとして面接を行う学校もあります。
そのような学校では、受験生の回答内容を精査して評価の対象とすることになりますので、日頃から新聞やニュースなどを見て、それに対する自分の意見や考えを持っておくことが必要でしょう。

理工系大学の選び方

大学生

受験する大学を選ぶ際には、各大学の学部構成や受験難易度・環境などの情報を効率的に収集することが必要です。進学情報サイトを利用すればそうした情報が得られますが、理工系大学の場合は研究分野も重要になってきます。理工系大学の研究領域や研究者を紹介するWEB版のエフラボは、大学選びに役立つ情報サイトです。

もっと読む

勉強のしやすさを重視する

レディ

福岡の通信制高校に行く時は、勉強をスムーズに続けられるところを選ぶようにします。ネットを使ったe-ラーニングの仕組みが整っていれば、自分の家で自主的に勉強できます。学費は普通の高校より大幅に安いです。福岡だったら年間の学費が20万円程度のところがあるので、特にお勧めです。

もっと読む

塾の魅力的なサービス

学生と先生

塚口の個別指導塾に入塾する際には、最初に細々とした設定を行う必要があります。例えば、先生と生徒の比率は一対一から一対三までの中から理解度に応じて選ぶことができます。その他、スケジュールに合わせて曜日や時間帯や回数が選べます。効率的に成績をアップさせるために、サービスの選定は入念に行うことが大事です。

もっと読む